痛車天国プロジェクト > 痛車10年戦士

痛車10年戦士

痛車歴

フルケン

2004年〜2021年
長続きの秘訣

目標決めないで、ダラダラしてます。
いつまでも完成形にはならないので常に進化させてます。

ダラダラやっていると言いつつつねに話題を提供してくれているフルケンさん。最近は一刀両断ボンネットやメジェド様カーカバーが記憶に新しいですね。これからも尽きぬアイデアで若手をおびやかしてください!
※あと2010年のシュタゲ仕様が登録できていなかったのでよかったら写真送ってください。

  • 2015年

    ニンジャスレイヤー

    インプレッサワゴンGF8

    ツイッター小説にハマるとは思ってもいませんでした。
    ノリと勢いで本気のデザインで作りました。
    左右で白黒ツートンでまとめたら面白いかなって()

    キャラ等もイラストレーターに頼んで書いてもらいました。
    反射素材やらなにやら特殊素材も要所要所に入れて、どっから見ても面白いを目指したら、できちゃいましたね。

    作品知ってる人からの反応が半端なかったの覚えています。

    かれこれ6年以上張ってますけど、アキが来ないですね。
    外装いじってないですけど、車的にはいろいろリファインしてより走りに振ってしまって、公道乗るのがつらいです。。。。

  • 2010年

    シュタインズゲート

    インプレッサワゴンGF8

    思い出深いですね。一応公式痛車ってことでした。
    このころから、車もデザインも成熟したかなーって思っています。
    エンジン内部からボディーまで全部めちゃくちゃに改造してましたね。(今もですが

    痛車だけどナニコレヤバイ!!を目指しました。ボンネットも加工して、エンジンも全部見せていく感じというかこれもデザインの一部にしていくのとか工夫しました。

  • 2008年

    すーぱーそに子、月光のカルネヴァーレ

    インプレッサワゴンGF8

    GDBインプレッサが買えなかったので、顔面だけGDBにしました。
    周りからだいぶんイカレた奴扱いされました。

    世界で一番最初にすーぱーそに子を車に張った男と自負しております。
    もともと、ニトロスーパーソニックっていうライブのイメージキャラだったんですよね。それ、張っちゃいました。だれにも理解されず。ちょっと時代先取りしすぎました。
    あと、これ反射素材です。今思えば特殊素材をかなり初期段階から導入してましたね、、、、

    そしてついに、カラーステッカーに手を出しました。このころのメディアは局面追従しないので張るのにすごく苦労しました。。

  • 2007年

    刃鳴散らす

    インプレッサワゴンGF8

    2006年に初めて自分で車を購入しました。いまだにこれ乗ってます(RIP
    買ってからちょこちょこ、カッティングで仕様を変えながら、カッティングの技術磨いてた頃です。
    なんと!!これは顔面スワップ前です!レアです!

    ニトロプラスさん大好きなので大体ニトロプラスさんの絵をカッティングにしてはっていました。
    刃鳴散らすってゲームあるんですけど。。。マニアックすぎてだれもわかってくれなかったです。いたしゃなんてそんなものです

  • 2006年

    塵骸魔京 イグニス

    TZR 3XV

    写真は2007年ですが、2005年から、これを張っていました。
    当時、2005年はまだ北海道に住んでいました。
    痛車の作り方も全然わからず、とりあえず、カッティングシートを手切りしよう!ってことでできました!!方法自体は今と変わらなかったですね!やり方あってましたwww
    2006年関東に越してきて、痛い仲間がいっぱいできました。

    このバイクはこの写真を撮ったちょと後にタクシーと合体してお亡くなりになりました。僕も死ぬところでした。

痛車天国超 vol.8

  • 新・痛車情報誌「痛車天国・超 vol.8」
    6月29日(火)発売/1,760円(税込)
    【特別付録】温泉むすめコラボステッカー